おーるすとりーと

格安クロスバイク、ALL STREETで世界を股にかける男のぶろぐ

<< 2011-06- | ARCHIVE-SELECT | 2011-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

テスト

テストきっつー
来週が山場

やっぱ学生はマックに勉強しにくるよね
自分も部屋が汚すぎて家じゃ勉強できないから近くのマックでやってる

神戸来てだいたい4ヶ月だけど、未だにマクドっていう呼び方には違和感を感じる

ねたない おわり

| 雑記 | 18:38 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ビニール傘(愛用)

暴風警報でて午後の講義が休講になった

意気揚々と帰ってたら強烈なブローがきて
ビニール傘さん(愛用)が遠いところに逝ってしまわれた

言って雨は強くなかったから歩いて帰った

押し寄せる学生の波
バスとか乗れるわけないやん


雨降ってるとやることないな
勉強とかしたくないし
あー映画とか見に行きたいね
ハリーくんとかトランスフォーマーとかコクリコとか
この前予習でもしようぜってなって友達とはりー・とらふぉの前作借りて見てたけど
寝ててあんまり内容入ってない
よくある


徒然と語ったけど
夏の初めに開けた出窓がどうしても閉まらなくて困ってる
おわり

| 雑記 | 14:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

7月3日

おともだち「おい京都行くぞ」

ぼく「あ、はい」


で、京都行ってきた

今回のコース

View 7-3 in a larger map
行きは国道171号線、現地人曰くイナイチを使って京都へ
市内ぶらぶらしてからの、一号線で帰ってくる
全行程約150kmのロングライド
平均走行速度25km/sでだいたい片道3~4時間

全体的に綺麗に舗装された道使ってるから走りやすいっちゃ走りやすい
たまに出会う悪路にイライラしつつ京都到着

東寺に立ち寄ってみる
東寺01
どやあ

え?ウエストポーチ?
うっせえな!サイクラー(自転車乗り)の必需品なんだよ・・・ッ!
・・・そうだよね・・・肩掛けしとくべきだったよね・・・うん・・・

なんかフリーマーケットみたいなのがあってた
人形とか刀とか禍々しい物が売ってあった
なんか買いたかったけど金ねえよってパス

次、修学旅行の時行きたかったけど行けなかった三十三間堂に行くことにした
3301
かの有名な通し矢をやる軒下
3302
どやあ

正式名称、蓮華王院本堂
弓道の聖地だし宮本武蔵の逸話でも有名
けど一番やばいのはこれじゃん?
3303
整然と並ぶ千体千手観音立像
中央に約3mの千手観音坐像が安置されてるんだけど、
その左右各500体の立像のインパクトがでかすぎて正直存在がかすんでる

これ見たときまじで鳥肌たった
2000の目ですべてを見透かされてる感じ。背筋が凍る

修学旅行でここ来なかったのはホントにバカだった
清水の舞台で八つ橋食ってる場合じゃなかった

ここ来ただけで今回のツーリングは成功であった


次、牛若丸と弁慶で有名な五条大橋に行こうってなった

それまでは木製の橋が綺麗なアーチを描いて架かってると思ってた

違った

普通にコンクリ
付近には申し訳程度に例の戦いの象があった


がっかりしつつ鴨川を北上してなんとなく下鴨神社へ
simo01
摂社の河合神社
simo02
御本殿

神社と寺どっちが好きかと聞かれたら迷うけど、
どっちもコケかぶってるほど古い方が好き
神聖さがますよね

蚊にたかられまくるわ、時間やばいわで早く帰ろうぜ的なノリで早々に退散

後で知ったんだけどこの神社国宝であった
さらに鴨長明はこの神社の生まれであった

京都さんまじぱねっす

| 京都市内 | 17:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

6月26日

一周約150km、山あり海ありの魔物、淡路島と戦ってきた

View 6-26 in a larger map

まずはフェリーを使うために明石へ
大橋01
明石海峡大橋
大橋02
孫文記念館

明石からはこの船で岩屋を目指す
まりーんふらわー
まりーんふらわあ2
自転車をくくりつけて出港

しかしこの船早い
驚くほど早い
今調べたら24kt だいたい40km/hぐらい
甲板に立ってられないくらいだった
大橋03
洋上で明石をのぞむの巻

10分ちょいで淡路に上陸
今回は時計回りに一周するから東海岸を南下
天気は曇り時々晴れって感じ
釜口
波は穏やか 沖縄を思わせる海岸沿い 沖縄行ったことないけど
佐野周辺
久々に田んぼ見たうん

洲本→由良と南下するにつれて段々と傾斜が増してくる
由良を超えたら完全に山道
ひたすら登って登って登って・・・
自販機なぞあるわけもないから麓で水買っとかないと死ぬまじで
山より
どやぁ?

しばらく行くと現れるこの禍々しい入場ゲート
なぞぱら
今日は休園日らしい

うぃきぺでぃあ先生に聞いてみた

立川水仙郷(たちかわすいせんきょう)は、兵庫県洲本市由良町にある観光名所である。
水仙の名所として古くから知られる一方で、テレビメディアの影響で併設の施設も有名になった。

水仙郷のほか、「UFO神社」「ナゾのパラダイス(秘宝館)」などの施設が併設されている。
「おしべとめしべのことをまなぶところ」と書かれた建物の内部に入れば、オーナーが全国から集めた性にまつわる珍品、奇品の類が所狭しと並んでいる。
落書き帳は来館記念として館内に置かれ、落書きは館内に展示される。

1989年11月4日、朝日放送テレビ「探偵!ナイトスクープ」でこの秘宝館が淡路のパラダイスとして桂小枝によって紹介され話題を呼び、内部にはナイトスクープで紹介されたことを伝えるポスター(ただし、『ナイトスプーク』と書かれている)と調査のクライマックスで小枝探偵が書いた『あ~たのしかった! 岡部まり』の落書きや記念碑などが置かれた。


なんやねんこれ・・・なんやねん・・・
再訪する理由ができた

謎パラを過ぎると下りが続く

が、山を越えると嵐だった。
大荒れ
防波堤を越えて白波をかぶるくらい

波かぶることよりも雨が降ってることよりも風が強いことがつらい
向かい風で全然速度が出ない 体力がりがり奪われる

島の南端まで来るとまた山越え
山越えその2
風と自分との戦いみたいな?

難所を超えると福良港
福良
入り組んだ湾

渦潮クルーズの観潮船案内板があちこちに立ってる
いつのまにか四国がすぐそこにあるというね!

福良港からは再び山道
大鳴門橋が見える
大鳴門橋
ばり見にくいけど奥の方

言うならばここが最後の難関かな
下った先は西海岸
西海岸
東海岸と違ってめっちゃ穏やかな海

西海岸に着いたぐらいで淡路に着いてからすでに7時間半経過\(^o^)/

死んだ・・・と思ったけど意外にどうにかなった
車通りなんてほとんどないし平坦な道だしで28km/hはキープできてたはず

結果的に岩屋到着が出発から9時間40分だったかな

このサイクリングで風の影響のでかさを思い知った

次はもっと早くまわるし

| 淡路島 | 19:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |